長渕剛 OFFICIAL WEB SITE <LIVE ON>
members LOGIN/LOGOUT ON SALE TICKETS
SITE MAP ENGLISH
BIOGRAPHY
LIVE
DISCOGRAPHY
BOOKS & ART
ACTING
SHOP
NAGABUCHI TSUYOSHI CLUB
MEMBERS ONLY
GALLERY
COLUMN
INFO BOARD
ROCK'N VOICE
TOP
長渕剛公認 OFFICIAL CAFE -Rock On-
携帯公式サイト 長渕剛Mobile
EVENTS in KAGOSHIMA 2006 6.29-7.2 密着REPORT!!
6.29 サプライズ凱旋
・7.1 道場開き
7.2 ラジオ生出演
ANOTHER STORY
TOP  > LIVE > EVENTS in KAGOSHIMA 2006
LIVE
EVENTS in KAGOSHIMA 2006 6.29-7.2 密着REPORT!! 7.1新保道場道場開き!!
岡本郭男氏による和太鼓の乱れ打ち ドーンッ!!

岡本郭男氏による和太鼓の乱れ打ちの振動が、建てられたばかりの道場を揺らす。

さぁ、これから長渕剛が大親友「新保智(にいほさとし)」のために、一から練り上げた、前代未聞の道場開きが始まる!!
会場に静寂が訪れたのも束の間、スポットライトに照らされ、仁王立ちの新保智師範が現れた。

新極真という最も過酷なルールの中で20年間にも渡り、今もなお世界の第一線で活躍を続ける男だ。

4段に重ねられた厚さ80センチは優に超えるであろう氷柱を一息で割り切る!!!
新保智師範の氷柱割り
新極真会、緑健児代表。 新極真会、緑健児代表。

名実ともに、新極真会のトップであり、新保師範と長渕剛を結びつけた張本人。

2人を語る上で緑代表は欠かすことの出来ない存在だ。
ここでこの道場開きを比類なきセレモニーへと導いた長渕剛が壇上に!「小銭は師範が、札は俺が(笑)」と10年前に2人で始めた「剛と智の貯金箱」の存在を明かす…。時には長渕が、時には新保師範がと、お互いを支え合い、築き上げた男同士の友情が遂に新保道場として具現化したのだ!!
「これでまた鹿児島に帰る家が出来た」…いつになく優しい表情で親友にそう語りかける。
長渕剛が壇上に!
道場生達がなだれ込み、演武を披露 突如、約60畳の広さを誇る道場内に「新極真会の歌」が流れ出し、雰囲気が一転。

後方からブカブカの道着をまとった道場生達がなだれ込み、演武を披露。ゲストの顔から思わず笑みがこぼれる!息をつく間もなく次に姿を現したのは、なんと女性!!新保氏の寛大で陽気な人柄を慕い、海を渡り今日の道場開きの為に駆けつけてくれたヨハンナだ!!
新極真会の迫真の演武に息をのむゲストたち。

その中には長渕と「とんぼ」での共演以来、親交を深めてきた哀川翔氏の姿が…。

空港から実家へ戻る途中にある道場を「これからは素通り出来ません(笑)」
哀川翔氏
般若 「Yo!!」突然、どこからともなく声が聞こえてきた。

般若だっ!!

長渕を兄のように慕う般若もこの日駆けつけ、お祝いのメッセージをラップのリズムに乗せて唄う。
引き続き行われた第2部を封切るのは新保智師範、緑健児代表、長渕剛の3者による鏡割り!!

乾杯の音頭をとるのは、ボクシング界から戸高秀樹会長!!
戸高秀樹会長
各界より訪れてくれたゲストへの感謝と、長渕との友情の証としてこの道場を守り抜くと決意を述べる新保智師範。「押忍!!」遂に終盤を迎えた道場開き。「死んじまいた〜い ほどの〜」コーラスと共に「STAY DREAM」を唄い上げる。親友、新保智が晴れて迎えたこの日を、会場後方の席から終始静かに見守っていた長渕。共に重ねてきた10年の月日を想い、友を見つめる姿は、父性愛に満ち満ちた、まさしく「兄貴!」そのものだった!!
PAGE TOP
SITE PORICY Privacy Poricy CONTACT US
Copyright © 2006- NAGABUCHI TSUYOSHI CLUB All Rights Reserved.